ワーママの中だるみDWEを克服するブログ★

育休明けて復職したら、DWEも中だるみ・・・こんなんじゃダメだ!!ワーキングマザーでも、DWEを無駄にしない取り組みはあるはず!そんな私のモチベーションアップの自己満足ブログ♪

【TE】毎週金曜日はテレフォンイングリッシュの日!息子が2歳になってからLO本格的に始めました!

おはようございます。

 

先日2歳になった息子。

 

これからの備忘録として、テレフォンイングリッシュの記録をしていきたいと思います。

 

2歳までは親向けのテレフォンイングリッシュができる

私がDWEを購入するきっかけの一つがテレフォンイングリッシュ。

私自身、海外が好きで、いつも海外旅行するたびに自分の語学力のなさや「もう少し話せていれば・・・」と後悔することもしばしば。

 

DWEには、両親向けのTelephone English For Mammy and Daddy

テレフォンイングリッシュ フォーマミー&ダディー

 

というのがあって、第1子が2歳になるまでは、親と子の両親向けの日常会話などの簡単な会話文・センテンスなどをネイティブの先生と練習することができます。

 

息子が11か月でDWEを始めたので、単純計算すると、約1年は私自身がテレフォンイングリッシュができるということに。

 

この、第一子が2歳までというのがなかなかで、どうせ買うならマタニティからやりたかったよ!という思いもありますが(マタニティは時間的制約がある)、子供が生まれてからDWEの存在を知ったし、子供のための商品なので、なかなかね・・・

 

 

2歳になってからリッスンオンリーを本格化指導!

私自身がTEをやりたかったというのおもあるし、両親向けはリミットがあることなので、息子が2歳になるまでは両親向けのテレフォンイングリッシュに集中していました。

息子の状況をみて(歌が口ずさめたり踊れるようになってきた)何回かリッスンオンリーもやったことあるけど、息子は電話の先生の歌に耳を傾けることもできなかったり、気まぐれなので、長い目で見て2歳以降はいやでもやっていくんだから、潔く、「今は私のレッスン」と割り切ることに。

 

そして、先日2歳になり、リッスンオンリーを本格化指導しました^^

 

第1回目:PA1「Hello!」と「Busy Buzzing Bee」

少し 前のことになりますが、息子の反応や気づいた点を書いていこうと思います^^

ちょうど2歳からの成長記録にもなりますしね!

PA1 「Hello!」

もっとも簡単な曲だけど、2歳の息子は口ずさんで手を振って、先生の歌にきちんと見mを傾けることができました^^

 

久しぶりにやったリッスンオンリーのTEでの反応!

歌と動作がリンクしているんだなと私は感動♡

 

PA1 「Busy Buzzing Bee」

なんだか、反応が良さそうだな!と感じたので、歌が始まり始めたところで、Beeの指人形を慌てて探し出し、本人の指につけてあげました。すると、

曲に合わせて Up-Down、this wayーthat way などの動作をやりました!

 

これまた感動!

いや別に、日ごろからプレイアロングを流しているとそれらの動作はやるんですけど、TEでできたことがね・・・うれしいんです!

 

親ばかだけど、親の取り組みもDWEには大切だと思っているので、私自身もそういった小さなことに一喜一憂していきたい と思います!笑

 

第2回目:PA1 「The Berributton Song」と「We Like to Bounce

この日は悲しいくらいに、聞き耳もたずでした。

テレビを消せばよかったんですけど、息子はTEは「イヤ!」となかなか乗り気にならず、そうこうしているとご飯の時間だよーやるしかないよーとの私の焦りで開始!←ダメ母笑

 

途中、先生の呼びかけに「あ!」となるときもありましたが、総合して終始全く聞いていませんでした。

 

2歳の気まぐれは難しい!!><

 

 

 

 

 

ひとまず、今日、第3回目のTEがあります。

息子の気持ち的にやれるタイミングを見計らって、うまく活用していきたいです!

 

 

 

 

両親向けのTEについては、私の苦しい?工夫等を別記事で書きたいと思います^^

 

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました^^

 

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

我が家で使っているベビーチェア。 ダークブラウンを使用中ですが、他家具との色なじ...


ランキング参加中です*応援よろしくお願いします^^ にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村